終 (つい)

Artist: MAST

MAST
月明かり浴びた小さなグラス傾け
光揺れて滴がつたい落ちる
刻まれてく時間(とき) 冷たさ残る左手
もう怖くはないけどまだ震えてる

幸せな今日と同じような明日が来ないことわかってる
描いた絵にお別れを告げることに決めたの

さよなら 愛おしい日々よ 喜びが散りばめられていたから
痛みも ぬぐえない迷いも すべて連れてくから

ねぇ 笑って見せてよ 涙は枯れ果てたでしょう
そっと右手から伝うあなたの温もり
まだうずく苦しみはあなたが宿っている証
もうそれすら私の体の一部

「世の中 理不尽だらけだから 大抵のこと 笑ってられる」
この罪深き私さえ 受け入れてくれた人

さよなら 爪の先ほどの灯火を見つめる瞳が揺れる
お願い 笑って見せてよ 特別な日にしないで

さよなら あなたの明日に 木漏れ日が優しく降り注ぐように
小さな小さな祈りを捧げ続けてます

さよなら 愛おしい日々よ 痛みも ぬぐえない迷いも
お願い 笑って見せてよ 小さな小さな祈りを
さよなら