ありあけのつき

Artist: Moa

Moa
 瞬きを奪ったあの瞬間も 
目の奥に映った君の姿も 
まだ惚れてんだ 
一人で笑った 
夜にはもう居ないんだよ 
踵を踏んで帰る家路の 
途中で泣いた 
、、、 
 
髪の毛を縛ったあの横顔も 
別れ際光った君の涙も 
 
空が明るくなっても 
残ってる月みたいに 
僕はまだまだ想い出を 
食べて呼吸をする 
君は居ない消えた君の 
仕草を真似してみる 
頷く幸せ認めた 
僕は空に残る 
 
まだ惚れてんだ 
肯定してた 
夜にはもう居ないんだよ 
音のない朝 
美しい朝が 
僕の身体を包む 
優しく僕を包む